now loading

menu

フラワースタイル > 今週の見頃の花【10/2~10/7】

今週の見頃の花【10/2~10/7】

◯ジュウガツザクラ
季節はずれに桜が咲いてるなと思うときはこの十月桜であることが多いです。

学名:Cerasus × subhirtella ‘Autumnalis’
科名:バラ
場所:クレマチス園


◯ススキ
日本文化の中で重要な植物であり、十五夜の飾り、花鳥画や、蒔絵などの秋草紋様などに見られます。

学名:Miscanthus sinensis
科名:イネ
場所:ハーブ園


◯ストルマリア ゲンマタ
球根植物で、南アフリカの岩礫地に自生がみられます。

学名:Strumaria gemmata
科名:ヒガンバナ
場所:大温室コレクションガーデン


◯シュウメイギク
見栄えが大変美しいため、華道の素材としてや秋の茶花としても大変喜ばれます。

学名:Anemone hupehensis
科名:キンポウゲ
場所:噴水池と装飾花壇の間


◯キバナコスモス
コスモスに先駆けて8月頃から咲き始め、強い日差しにも負けずに咲く強い花です。

学名:Cosmos sulphureus
科名:キク
場所:装飾花壇


◯ケイトウ
炎のような鮮やかな花がニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれます。

学名:Celosia
科名:ヒユ
場所:ひょうたん池近く


◯カツラ
ハート型の葉は黄葉すると甘い香りを放ちます。

学名:Cercidiphyllum japonicum
科名:カツラ
場所:香りの丘


◯カワラハハコ
日本の在来種であり大阪の絶滅種でもあります。
枯れた後は何枚にも重なって咲く花が美しいので、ドライフラワーとして使われるそうです。

学名:Anaphalis margaritacea subsp. yedoensis
科名:キク
場所:ふるさとの花園


◯フジバカマ
生乾きの茎葉にクマリンの香り(桜餅の葉の香り)があり、中国では古く芳香剤として利用されました。

学名:Eupatorium japonicum
科名:キク
場所:秋の七草通り


☆フォトスポット

場所:装飾花壇


181002_おすすめ散策マップ(PDF)はコチラ
180926_おすすめ散策マップ(PDF)はコチラ
180919_おすすめ散策マップ(PDF)はコチラ
180915_おすすめ散策マップ(PDF)はコチラ