now loading

menu

お知らせトップ > 2018/03/20からの見頃の花情報

2018.03.20

2018/03/20からの見頃の花情報

◯カワチスズシロソウ
平成にスズシロソウの変種と発表され、大阪府の特産種だと言われています。

Arabis flagellosa var. kawachiensis

学名:Arabis flagellosa var. kawachiensis
科名:アブラナ
場所:ふるさとの花園


 

◯ハクモクレン
開花寸前は、大量の白い鳥が枝に何羽も とまっているかのようにみえるほど、ダイナミックです。
ハクモクレン1輪

学名:Magnolia denudata
科名:モクレン
場所:香りの丘


 

原種チューリップ
普通のチューリップとは違い、3年くらいは植えっぱなしでも毎年咲いてくれる有難いお花です。

IMG_7465

学名:Tulipa
科名:ユリ
場所:球根園


 

◯サンシュユ
中国名は「山茱萸」と書き、”茱萸”はグミのことで、秋にはグミのような実がなります。
サンシュユ

学名:Cornus officinalis
科名:ミズキ
場所:アジサイ園


 

◯シンニンギア
大きな葉は細かい毛に覆われていて、滑らかな手触りをしています。
細長い鮮やかな紅色の花は、その形からハチドリが受粉の仲介者です。

RIMG2306

学名:Sinningia
科名:イワタバコ
場所:大温室 乾燥室


 

◯ラケナリア
赤、オレンジ、黄色、紫青色と非常に豊富で多彩な花色を楽しめます。

ラケナリア ヴィリディフロラ

学名:Lachenalia
科名:キジカクシ
場所:大温室 コレクションガーデン


 

◯エドヒガン
がくの下部に球状のふくらみがあるのが特徴で、他のサクラに比べると一週間から十日ほど早く開花します。

エドヒガン

学名:Cerasus spachiana f. ascendens
科名:バラ
場所:もみじ谷前のスロープ


 

◯トサミズキ
葉に先立って、5~7個の丸みのある黄白色の小花が連なった一風変わった花を咲かせます。

トサミズキ

学名:Corylopsis spicata
科名:マンサク
場所:香りの丘


 

◯トサノミツバツツジ
ミツバツツジとそっくりですが、雄しべの数がミツバツツジは5本なのに対しこちらは10本ある。

Rhododendron dauricum IMG_7067

学名:Rhododendron dilatatum Miq. var. decandrum Makino
科名:ツツジ
場所:クレマチス園


 

☆フォトスポット

IMG_7081_re2


180320_おすすめ散策マップ(PDF)はコチラ
180313_おすすめ散策マップ(PDF)はコチラ

180306_おすすめ散策マップ(PDF)はコチラ
180227_おすすめ散策マップ(PDF)はコチラ